お医者さんにせかされました

人間にとって、葉酸は他のビタミンと同様、欠かすことができない栄養素です。

普段の生活の中では、食事だけで葉酸が十分摂れている方が多いのですが、妊産婦、とりわけ初期は、胎児の発育にとって葉酸が不可欠です。

そのため、必要な量の葉酸が毎日摂れるようでないと、油断すればすぐに葉酸が欠乏します。

サプリなどはいつから飲めば良いかというと、妊娠判明と同時に開始するのが最も効果があります。

また、妊活中の女性は意識して摂取して欲しいという意見やグリーンミルク青汁のレビューもあることを知っておいてください。

今、妊娠初期に葉酸不足になってしまうと、赤ちゃんの成長に影響を及ぼすことは割とよく知られています。

ただ、多く取りすぎてしまった時の事は知られていないように思います。

どうやら発熱や蕁麻疹を引き起こしやすくしたり、子供が将来、喘息で苦しく辛い思いをする確率を高めてしまうことがあるようです。

これからは葉酸の摂取し過ぎにも、注意が必要になりますね。

妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私はサプリで葉酸とグリーンミルク青汁を摂るようになったのです。

一日でも早く飲み始めなさいと、お医者さんにはせかされたのですが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては結局聞きそびれてしまいました。

ですから、1袋が終わったところで次を買いませんでした。

出産後、授乳のためにも葉酸が良いと知って再開したのです。

妊娠するために努力を始めたその時に葉酸とマカという二つの栄養素を夫は(男性は)マカと亜鉛が良いという事で、二つのサプリを飲むようになりました。

葉酸という栄養素は妊娠した場合に、妊娠初期の赤ちゃんの神経を育てるのに役立つ大切な栄養素で、マカは生殖能力を向上させ、活力を増進します。

また、亜鉛を取り入れることで精子が増えたり、元気にさせる効果があったので開始しました。

飲み続けて半年で、自然妊娠成功です!

妊娠したその初期段階で摂ることを勧められる緑色野菜に多く含まれる葉酸ですが、この時期は胎児の細胞分裂、つまり成長がとても活発な時期であるため、不可欠だと思われます。

それが十分でないと胎児の背骨の形に異常が出てしまう二分脊椎など胎児が発育するのに大きな影響を及ぼしかねません。

1日の摂取量の目安は400ugと考えられていますので、用量を守ることが大切です。

妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。

そんな時には、私はグリーンミルク青汁を好んで飲んでいます。

グリーンミルク青汁のレビューを読んでみて、試しに飲んでみたらとても美味しくて、栄養補給もできるので助かっています。